交通事故が起きたら!

人身/物損の交通事故をした時に、まずするべき事?警察による実況見分調書とは

交通事故というものは、そもそも事故をしようとして事故をする人なんていませんよね。
予想もしていない時に、突然起きてしまうのが交通事故。

事故に遭った時には思わずパニックになって冷静な判断ができなくなってしまう人が大半だと思いますが、ここでは事故に遭う前に、もしくは事故に遭った時に自分自身が損することにならないために、知っておいてほしいことをお話していきます。



そもそも、交通事故による示談や慰謝料などの問題は、生活していく上のあらゆる分野の中でも特に、"知らない人が損をする分野"だと思います。


そのため、このページでは事故をしたときのやるべきことの流れと併せて、事故をしたときにしてはいけないことについても解説していきますので、参考にしてください。


事故が発生!一番最初にするべきことの流れ


(1)けが人の救助
交通事故をしたらもちろん最初は誰もがパニックになってしまいがちで、車の損傷や事故割合などに頭がいってしまうのもわかりますが、それよりも先にまず行わなければいけないのが、ケガ人の確認です。



自分の車が気になるのもわかりますが、そもそも人として最優先して行わなければいけないのが、けが人の救護になります。

自分を含め、事故関係者の中にけが人がいる場合は、すぐに119番に電話して救急車を呼んでください。


しかし、事故をした直後はそれほど痛みや怪我がなくても、しばらくしてから痛みが出てくることも少なくないため、見た目の怪我がなくても事故をしたら念のため救急車は呼んでおくに越したことはないですよ。


(2)警察への連絡
けが人の救助をしたら、次に必ずしなければいけないのが警察への連絡です。
110番で警察に電話をすると、事故をした現場の住所やけが人について確認されます。



★傷も軽いし穏便に済ませたいから・・・などと、警察に連絡しない場合はどうなるか?
例えば、朝の出勤前で絶対に遅刻したくない時や、オオゴトにしたくない時、あるいはお互い怪我もなさそうだし、車の傷もそれほどヒドくない・・・事故相手からも、事故はなかったことにしようと言われた・・・。

こんなとき、事故をしたにも関わらずその場のちょっとした判断で警察を呼ばなかった場合、どうなるのか知っていますか?

交通事故をした場合には、高速道路上であろうがどんな状況であろうが、必ず警察に通報する義務があります。

しかし、交通事故をしたにも関わらず警察を呼ばなかった場合には、警察に"事故があった記録"が残らないことになります。


例えば事故直後には気が動転していてケガに気付かなかったものの、事故から1日経過すると急に激しい頭痛や首の違和感が出てきたりと、事故による不調は後から出てくることも多いです。

後々冷静に考えてみると、保険会社を通して車の修理もしっかりしたい・・・と思っても、警察による事故の証明が発行されていないと、保険会社との補償のやり取りもスムーズに進まなくなります。

ただ、保険会社に「事故をした」と伝えるだけでは、事故をした証明にはなりません。


★それだけではない!具体的な刑事罰まで存在する!
そういった事故の証明が取れないだけではなく、警察への事故の連絡を怠った場合、具体的な刑事罰もあります。

これは、"3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金"となっていて、警察への事故連絡は義務となっています。


あとで困った事態にならないようにするためにも、事故をしたらその場ですぐに警察を呼ぶようにしましょう。


(3)事故の記録を残す!
警察が到着するまでの間などでも構いませんが、少しでも余裕があれば出来る限り事故現場の状況や損傷した事故車両などを撮影しておくことも大切です。

ただし、貴方自身が怪我をしている場合などは、無理に行う必要はありません。
出来る範囲で、と考えておけばOKです。


(4)警察が事故現場に到着したら
警察が事故現場に到着したら、事故をした当事者、そして目撃者などから「実況見分調書」が作成されます。

実況見分調書には、事故が起きたことの証明だけではなく、事故が起きた状況や見取り図などをはじめ、事故車両のブレーキ痕の測定や撮影なども細かく行われます。

この実況見分は警察官が立ち会い、事故現場の検証が行われるもので、この実況見分調書はのちに保険会社が事故の過失割合(責任割合)を決めたり、裁判などにおいても重要な書類となります。



警察によって作られる実況見分調書ですが、事故の割合も警察が決めているのかと言ったら、そうではありません。

実際に事故の過失割合を決めるのは警察ではなく、保険会社となります。
あくまでも、警察による実況見分調書は事故の証明となり、過失割合の重要な証拠にはなるものの、警察が割合を決めるわけではありません。

詳しくはこちらのページ交通事故の過失割合とは?判例による決め方/弁護士に依頼?慰謝料が減額される過失相殺とは?へどうぞ。


また、交通事故の種類には「死亡事故」と、「人身事故」、「物件(物損)事故」などがあり、それぞれで損害賠償などが変わってきます。

これについて、詳しくはこちらのページ交通事故の種類「人身事故/物件事故(物損)」の違いとは!自賠責が使える?刑事事件になるのは?で解説していますが、事故をした際に警察に物損事故として届け出をしていても、あとから人身事故への切り替えができるのか?については、こちらのページ物損事故から人身事故への変更(切り替え)は可能?メリット&デメリット/人身事故証明書入手不能理由書とはで解説しています。


(5)自分が加入している保険会社への連絡
警察を呼んだときでも、警察の立ち会いによる実況見分調書を取ったあとでも構わないですが、忘れてはいけないのが自分が加入している保険会社にも連絡をする必要があります。

保険会社に連絡をすると、だいたい事故相手の氏名や事故相手が加入している保険会社はどこかなど、いくつか尋ねられますので、予め事故相手に確認をしておいて、答えられるようにしておくといいと思います。


事故をした相手から確認しておくと良いこと。


事故をして実況見分などを済ませてから先は、保険会社同士のやりとりとなりますが、ある程度の情報は自分で確認しておく必要があります。

先ほども書きましたが、自分の保険会社から事故相手についていくつか質問があるためですね。

そのため、事故相手の氏名、住所、連絡先、勤務先、加入している保険会社、車のナンバーなどは最低限聞いておくといいと思います。



もしあなたが交通事故の被害者であるなら、示談金の増額や賠償金の増額に関して、交通事故の解決事例の多い弁護士の方が、初回相談無料で保険会社と示談交渉を代行してくれます。

「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?

弁護士に依頼となると、私たち一般の人からは少しハードルが高いんですが、最近では交通事故の示談交渉を弁護士の方に相談する人も多く、弁護士費用も、多くの人が任意保険に付帯している弁護士費用特約によって、等級もそのままで弁護士費用を保険会社に負担してもらえる可能性もあります。


少しでも、交通事故の保険会社とのやり取りで不安があるのであれば、弁護士さんに相談するのは早ければ早いほど良いそうなので、まずは無料相談してみることをおすすめします。
交通事故に強い弁護士の、失敗しない選び方のポイントとは!私がオススメする交通事故被害者専門の弁護士ランキング!






交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引