交通事故が起きたら!

交通事故の種類「人身事故/物件事故(物損)」の違いとは!自賠責が使える?刑事事件になるのは?

交通事故には大きく分けて、「人身事故」と「物損(物件)事故」の2つの種類があります。

その事故は、人身事故なのか物損事故なのかによって、損害賠償をはじめ、自賠責保険が使えるのか、刑事事件として扱われるのかなどの違いがありますので、ここではこの2つに具体的にどう違うのかをお話していきます。


まずはじめに、人身事故についてです。


人身事故とは


交通事故によって車が壊れたり傷ついたりするだけではなく、事故が原因で運転手または同乗者などが怪我(負傷)をしたり、最悪の場合は人が亡くなった場合など、その事故によって怪我人、死亡者が出た事故は"人身事故"となります。



もちろん、事故をした車両に乗っている運転手や同乗者以外に、その場にいた通行人などを巻き込んで怪我などを負わせてしまった場合にも、人身事故となります。


交通事故をしてその場で救急車で運ばれてしまうほど重症な事故は、人身事故としてすぐに扱われますが、それほど目立つ外傷はないものの病院に搬送された場合などは、ひとまずは警察の処理では物損事故として進められることがあります。

一度物損事故として処理された事故を、人身事故として届け直すことは可能か?についてはこちら物損事故から人身事故への変更(切り替え)は可能?メリット&デメリット/人身事故証明書入手不能理由書とはを参考にしてください。


物損事故とは異なり、人身事故となると警察による「刑事処分(自動車運転過失傷害罪)」の捜査や、公安委員会による「行政処分(運転免許に対する違反点数の加算)」などが課せられる可能性が出てきます。

この刑事処分とはどんなものがあるのかについては、こちら物損・人身の交通事故の罰則!刑事責任・刑事処分(刑罰)&行政処分&民事責任とは/罰金や点数は?と、こちら交通違反、交通事故で前科はつく?会社や自宅にバレるのか!飲酒運転でも保険は使える?でお話しています。

そのため、人身事故の場合には警察が行わなければならない実況見分調書の処理や目撃者などの正式な捜査も必要になります。

人身事故をした場合には、自賠責保険と任意保険が保険対象となりますが、物損事故の場合は自賠責保険は使うことができません。


また、人身事故の場合には加害者が無過失を証明しない限り、被害者に対して賠償責任を負うこととされています。

損害賠償の点で、人身事故と物損事故との違いをお話すると、人身事故の場合は被害者は加害者に対して治療費、入院雑費、通院費、付添看護費、器具購入費、そして休業損害、後遺障害逸失利益などを賠償してもらうことができるだけではなく、精神的苦痛に対する慰謝料も請求できます。


さらに、人身事故の場合の損害賠償に関しては、運転者である加害者だけではなく、その車の所有者などの運行供用者にも請求することが可能です。

人身事故の損害賠償について、詳しくはこちらのページ人身事故(交通事故)では、被害者はどんな慰謝料や損害賠償が請求できる?通院や入院、後遺障害?で解説しています。


物損事故(物件事故)とは


物損事故とは、交通事故により怪我人や死亡者が出ていない事故のことです。

物損事故の場合は、自賠責保険に対して賠償請求をすることができず、任意保険でカバーされるか、もしくは任意保険でカバーされない範囲に関しては民法に基づいて損害賠償を求めることになります。


また人身事故とは異なり、物損事故の場合は刑事上の責任が発生しないことが多いため、正式な捜査などは行われない場合がほとんどです。

つまり、人身事故の場合には刑事処分や行政処分などの適用があるものの、物損事故の場合には飲酒などを除き、ほとんどのケースにおいて物を壊しても過失で罪に問われることはありません。


精神的苦痛の慰謝料に関しても、人身事故の場合は加害者に請求できますが、物損事故の場合は原則、慰謝料請求は認められない点も、人身事故とは大きく違うところです。

つまり、物損事故の場合には例えばあなたが数日前に購入したばかりの新車をぶつけられ、大切にしていた新車が一瞬で事故車になったとしても、精神的な慰謝料としては原則請求ができないということですね。


ということで、物損事故で請求できる損害賠償については、積極損害と呼ばれる分類については、車両などの修理費、評価損(評価額、格落ち)、買い替え費用、代車費用などがあり、その他にタクシーなどの営業車両であった場合には休車損害などがあります。

これら物損事故の場合の損害賠償については、詳しくはこちら物損事故(人身事故も)の損害賠償の基準!修理?全損?時価(市場価格)の決められ方に納得できない場合!で解説しています。


さらに、この自動車と自動車の物損事故の場合には"過失相殺"が行われます。
過失相殺については、少し長くなるためこちらのページ交通事故の過失割合とは?判例による決め方/弁護士に依頼?慰謝料が減額される過失相殺とは?で解説しています。


人身事故にしないで物損事故として処理すると、被害者は損するって本当?


交通事故を専門とした弁護士の方へも、「人身と物損、どちらが損しないか?」などという相談がよくあるそうです。

当ページの最初のほうで、人身事故と物損事故との違いを紹介したので、もうお気づきの方も多いかも知れませんが、人身事故と物損事故では損害賠償にかなり差があります。

事故をすると誰でも気持ちが病んでしまいますし、ただでさえ気持ちが落ち込んでいるところへ、身体が痛くなったりすると、さらに精神的に滅入ってしまうと思います。



交通事故の加害者からすると、何としてでも人身事故を避けて物損事故で済ませたいところなのですが、事故から数日経ってから痛みが出るのも多いことから、やはり大事を取って人身事故にしておくに越したことはないと思います。

やはり損・得という視点から見ても、精神的慰謝料の請求が可能だったりするため、人身事故のほうが損しないと言えます。


すでに、物損事故として一度処理してしまっている場合でも、後から人身事故へ切り替えることは可能です。

しかし、事故から時間(日にち)が経ちすぎると、交通事故との因果関係を証明するのは難しくなってしまいます。


そのため、少しでも身体の異変に気づいたら、早めに病院に行くことをお勧めします。
物損事故から人身事故への切り替えに関しては、こちらのページ物損事故から人身事故への変更(切り替え)は可能?メリット&デメリット/人身事故証明書入手不能理由書とはへどうぞ。


"警察は物損事故にしたがる"と言われていることに関して


たまに、他サイトなどで"警察は物損事故で処理したがる"と書かれているのを見たことがありますが、それはどういうことなのでしょうか。

人身事故の場合は、実況見分調書や目撃者などの供述調書などのさまざまな書類の手配が必要になるため、警察としては毎日のように起きる事故への対応が追いつかなくなり面倒だから、重症者が出たような事故ではない限り、物損事故にしたがるそうです。


しかし、実際のところ私はこれまで人身事故も物損事故も何回も経験してきていますが、特にこれといってこれまでにあからさまに物損事故を勧められるようなことはありません。

もちろん、重症ではない軽い物損事故の場合でもそうでした。


私も昔、軽いムチウチと打撲程度の事故をしたときに、人身事故も物損事故の知識も全くなく、何がなんだかわからない状態だったとき、人身事故にするか物損事故にするか決めかねていたことがありました。

そのとき、警察の方から後日電話で事故の処理をどうするのか尋ねられたときに、人身事故と物損事故の両方の手続きの流れや、どうした方がいいかなど細かい質問にも丁寧に答えてくれましたし、遠回しに物損事故を勧めるような言動も一切ありませんでしたよ。

こういうのは担当した警察官のかたによるのかもしれませんが、それほど気にすることはないと思います。

最近の警察官のかたって、かなり言動とか気をつけているのか、偏った意見って絶対言わないと思います。


仮に物損事故を勧められたとしても、自動車保険の損害賠償などに警察の助言が直接関係してくることはないので、警察の意見でどうこうってよりは、自分で考えて決めれば大丈夫です。





↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引