交通事故が起きたら!

事故により病院で検査する費用は誰が支払う?/通院の病院を変更(転院)出来る?健康保険は?

交通事故をして救急車で病院に搬送されたときの具体的な流れや検査の内容については、前のページ交通事故で首・頭・腰・手足などの「MRI検査」を受けることに!費用、時間、注意すること、食事は?で解説しています。


交通事故による診察・検査の料金の支払い(立て替え)は、誰がする?


交通事故で救急車で搬送された病院でかかった診察や検査の費用は、誰が支払うこととなるのかは、誰もが不安になるとも思います。

自分は被害者であるにも関わらず、自分で医療費の支払いや立て替えをしなければならないのでしょうか?


そもそも、交通事故なんてものは予期せぬ形で突然起きるものですから、「急に病院で検査なんてすることになって、持ち合わせが今ない・・・」とか、「一体いくらくらいあれば足りるだろう?」、「払えないほどの料金だったらどうしよう?」と、いろいろな疑問が頭をよぎりますよね。


どのケースでも同じわけではありませんが、救急車で病院に運ばれてすぐに検査が行われ、その検査の支払いはその日のうちに行われることがほとんどです。

事故をして病院で検査をしたのだから、10:0の事故などは特に「加害者に責任があるんだから、そんなの加害者が支払うべきだ!」と思うかもしれませんが、病院が治療費の請求を行うのは、基本的には治療を受けた被害者本人です。



なんでこっちは被害者なのに、検査費用なんて払わなきゃいけないんだ!とちょっと疑問に思う気持ちも十分にわかりますが、あなたが事故の被害者であるなら、領収書をもらい"立て替え"という形で一時的に負担する、と書いたほうが正しいかもしれません。


しかし、私がこれまで交通事故に遭ってきた中で、検査費用を一時的にでも自分で立て替えたことはありませんでした。

どういうことかというと、保険会社に連絡をして「○○病院で検査や治療を受けます」とこちらから連絡した時点で、保険会社からその病院への連絡がスムーズにされたため、被害者が一時的にでも立て替える必要なく、検査の段階からすでに保険会社に請求がいくようになっていたからです。

少なからず、世の中には交通事故の処理の対応慣れしている病院と、融通の効かない病院とが存在しているようで、私のように保険会社にすぐ連絡したにも関わらず、病院側が応じてくれないというケースもあるようです。


どうしても持ち合わせがない場合や、被害者なんだから1円も立て替えなんてしたくない!という場合などは、もし病院側から事故当日に支払いの要求をされたら、まずは「私は全面的に被害者なので、請求はすべて加害者の保険会社にしてもらいたい」とはっきり伝えてみるといいと思います。

こちらのページ【体験談】私が事故をした時、病院での検査や交通費は誰が払ったか?救急車で運ばれた時の実際の流れでは、私が交通事故の被害者になった時に検査費用の支払い(立て替え)などがどうだったかを解説しています。


具体的に、検査費用はいくらくらいかかるのか?


実際、交通事故で病院で検査を受ける場合、健康保険の3割負担でだいたいいくらくらいの金額になるのかというと・・・

●レントゲン・・・・1つの部位で合計何枚撮影するかによって金額は異なるため、一律いくらとは言い切れませんが、だいたい1部位で2000円前後です。


●MRI・・・・その病院がどんなMRIの機器を使っているかによって診察報酬点数が変わってくるため、金額は異なってきますが、造影剤を使わないMRIでだいたい1万円前後、画像診断管理加算などがされる2万円前後となっています。

造影剤を使う撮影の場合は、この金額からやや高くなります。


●CT・・・・単純CT撮影と造影CT撮影があり、検査をする部位によって異なりますが、単純CT撮影なら5000円から10000円前後、造影CT撮影は1万円から2万円ほどです。


交通事故の検査や治療に、健康保険は使えない?!


たまに解説サイトや知恵袋などで、交通事故には"健康保険が使えない"と書かれているのを見ることがありますが、これは本当なのでしょうか。

正解からいうと、実は交通事故の検査や治療にでも健康保険を使うことは出来ます。


かなり勘違いしている人も多いですが、なぜこれほどにまで誤解している人が多いのかと言うと、病院の窓口でも「健康保険は使えません」と言われてしまうこともあるからです。


一般的に、健康保険が使えないと言われているのは、次の3つのケースです。

この、健康保険が使えない3つのケースと言うのは、勤務中は労災保険の対象となるために1つめは「業務上の災害」、2つめは無免許運転や飲酒運転など自分の「法令違反」行為による負傷、3つめに事件や事故などの「第三者の行為」による負傷の場合と書かれています。

つまり、交通事故による検査や治療は、この(3)第三者の行為に当てはまるケースであるため、健康保険は使えないものだと解釈されがちだということですね。


ただ、交通事故による負傷であっても健康保険は使えるにも関わらず、病院の窓口で健康保険の適用を断られてしまうことがあるのは、なかには交通事故の対応に慣れていない病院もあるからだそうです。


被害者であるあなたが、交通事故の治療費の支払いで健康保険を使う場合には、自分が加入している公的医療保険に連絡をして、"第三者行為による傷病届"の提出、手続きが必要になります。

もし、病院の窓口で健康保険が使えないようなことを言われた場合には、「第三者行為の届け出をするので、健康保険の適用をしてください」とハッキリ伝えれば大丈夫です。

但し、領収書や支払い明細などはしっかりと保管しておくことを忘れないでくださいね。


途中で通院する病院を変えることは出来る?協力的ではない病院を転院したい!


交通事故で病院に救急車で搬送され、一度はその病院を受診したものの、今後の検査や治療は他の病院に変更(転院)したいと思う人もいると思います。


例えば、みなさんは交通事故の治療で病院を受診した場合、どんな病院でも、どんな医師でも被害者の味方になってくれると思っていませんか?

そう思っていると、もしかしたらこの先の後遺障害の認定や慰謝料に関して、損をしてしまうことになりかねません。

交通事故の被害者だからといって、病院側も医師も被害者にとって有利な診察をしてくれるわけではないということです。




病院によっては被害者がしっかりと治療に取り組み、後々もし後遺障害の認定を受けるにあたっても提出する書類や資料に不備のないように、しっかりと治療を進めてくれる病院もあり、後々後悔しないためにも、被害者に協力的な病院を選んでおくことは、とても重要なことです。

後遺障害認定についてはこちらのページ交通事故で後遺症が残った!症状固定や後遺症、後遺障害の違いは?後遺障害の認定はするべき?等級認定のメリットとは?で詳しくお話していますが、後遺障害の認定がされるかどうかというのは、交通事故直後からの症状や治療の推移なども、後遺障害認定の大きな審査ポイントになってくるからです。


治療が開始しているのに、MRIやレントゲンでの検査を一向に行っていなかったり、症状の経過もろくに書かれていないような病院など、あまり協力的な病院ではないかも・・・と思うのであれば、1日でも早く転院する必要があるかもしれませんね。


もちろん、交通事故当初から通っている病院から、他の病院に変えることは可能です。

その場合は、保険会社に変更先の医療機関を連絡すれば、変更は可能なので安心してください。


病院を転院するメリットとデメリットとは具体的に何か?


交通事故の治療をする医療機関を途中で変えることは可能ですが、具体的なメリット、そしてそれに伴うデメリットはあるのでしょうか。

事故の被害者の治療に協力的ではない病院を変えることで生まれるメリットは、そのまま協力的ではない病院で治療を続けるよりも、後遺障害認定や慰謝料などの請求が有利になるカルテ・診断書が作成してもらえる可能性です。



これはどんな診断書が良いのかというと、事故当初からの症状や治療の推移がしっかりとわかるものや、客観性の高い検査をしっかりと受けているものです。


逆に、病院を転院するデメリットとはどんなことが挙げられるかというと、例えば"転院した先でも、患者にとって有利ではない診断書が書かれること"です。

患者にとって有利ではない診断書が書かれたために、他の病院に転院したはずが、例えば転院先でも患者にとって不利な診断書が書かれてしまった場合、被害者にとって不利な診断書が、複数の医師によって書かれたということになります。


そうなると、こういった結果は被害者にとってはさらに不利な状況を生み、治療を早く切り上げたい保険会社にとっては、都合の良い結果を招いてしまいます。

誤診ではないものの、症状の診断というものには少なからず医師によって幅は生まれてしまうものです。

こういったデメリットを少しでも回避するためには、交通事故の治療に対して協力的な医療機関を選ぶことが大切になってきます。


しかし、どんな医療機関を選んだらいいのかなどは、自分では調べてもなかなかわからないですし、見つけにくいと思います。


そこで、交通事故を専門としている弁護士事務所の中には、どんな病院を選んだらいいのか?などの相談にも乗り、転院先を紹介してくれるようなところもあります。

私がいろいろ調べてきた中では、むやみにいくつかの病院を転院したことによって、後遺障害の認定に響いてしまい、数千万円も損してしまったというケースもあるそうなので、自己判断しないで専門家に協力してもらった方がいい場合もあるんですね。





↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引