交通事故が起きたら!

【体験談】私が事故をした時、病院での検査や交通費は誰が払ったか?救急車で運ばれた時の実際の流れ

ここから先は、あくまでも私の事故の場合の体験談を記載します。

もちろん、すべての事故の重症度が同じではないですし、怪我の程度によっても何かしらケースは変わってくると思うので、あくまでも参考までにしてくださいね。


私の場合、これまでの人生の中で(子供の頃からを含む)交通事故で救急車にて運ばれたことがあるのは、自分が運転手だった場合と同乗者だった場合を含めると、これまでに3回ほど。
すべて車対車の事故で、私に全く過失のない10:0の事故もあれば、8:2で私の過失が2の事故などもありました。

事故の過失は、停止中の事故で10:0などの場合などを除いて、ほとんどの事故が事故をしたその場で過失割合が明確にわかるわけではないので、この時点ではあまり気にすることはありません。


少なくとも注意してほしいのは、すべての事故のケースで同じとは言えないことです。
私の体験談は、参考までにしておいてくださいね。


私が救急車で運ばれたケース!何をどこまで自分で立て替えたか?


----------------------------------------
★事故の状況:私が停止中の事故で、事故直後でも確実に10:0の事故だとわかる事故
★被害者:私(過失0)
★同乗者:あり
★目撃者:観光施設のスタッフをはじめ、多数あり
(※数年前の事故なので、思い出せる限り書きますが、多少事故内容に違いがあるかも。)
----------------------------------------


この時の事故は、早朝に自動車で関東地方に旅行中、観光施設への入場のために係員と前車に従って見通しの良い直線道路で少し側道寄りにハザードをつけて停止中、後方から加害者が追突しました。

私と同乗者は頭や首に若干痛みがあるものの(この時は若干だった)、見た目の怪我はなしで、加害者は無傷。


加害者の男性は、なんだかひどく動揺していて車の周りをウロウロ...。
さすがにイラっとして、「この辺の人間じゃないんで住所も詳しくないですから、警察と救急車呼んでください」と言い、両方電話してもらいました。

加害者の方は某有名輸入車メーカーの服を着ていて、加害者も車も同じ某輸入車メーカーのもの・・・。
なるほど、動揺の理由はこれか(^_^;)

免許証を拝見して身元を確認しつつ、勤務先を尋ねると、やはりその輸入車メーカーのディーラーで働いているようです。


追突してきたのは、某有名輸入車メーカーで働く男性だった。


私が、「スタッフの誘導で側道寄りでハザードつけて停止してたのに、なんであんな勢いで追突するんですか?ブレーキ跡も全くないし、貴方ブレーキ全く踏んでないですよね?」と聞くと、「はい・・・すみませんでした」とここで初めて謝罪が( ̄ε ̄;)

どうやらハザードで停止中の列に全く気付かず、前方の車はみんな走行中だと思ったそうです。


ブレーキもなくすごいスピードで追突されたので、おかげで私の車はトランクはもう閉まらないほど押し潰され、車の破損状態が追突の衝撃を物語っていました。


「事故直後は体の痛みの感覚は麻痺」は本当だった。


警察の方が先に事故現場に到着し、救急車が到着するまでの間にいろいろと調書を取られている間、自分の車の破損状態を改めて見て、あまりの衝撃と怒りと混乱で、体の痛みなんて正直よくわかりませんでした。

よく、事故をした直後は興奮状態だから身体の痛みに気付きにくいと言われていますが、本当にその通りで、なんかおかしいなぁ・・・という違和感だけは感じるくらい。

目撃者も多かったことですし、警察の前でも嘘などは全くつかれませんでしたが...。


私たちは見た目はどこも怪我はなくて、自分でも普通に歩けていましたが、首と頭に違和感がありましたし、その場で警察の方に「人身事故にします。救急車も呼んであるのでこのまま病院に行きます」と伝えました。


その場で人身事故として処理。実況見聞調書がとられる。


つまり、この場ですぐに人身事故の扱いにすることを宣言したため、救急車が到着するまでの間、人身事故としての調書作りが開始されました。

どんな実況見分だったか事細かく覚えているわけではないですが、実況見分調書でどんなことが確認されるかというと、免許証や保険証、車検証の提示、勤務先や連絡先の確認はもちろんのこと、車が接触した地点やブレーキを踏んだ地点、あとは停止中であればハザードランプはつけていたかなどが確認されます。

その他には、現場の道路の状況や事故車両の損傷部分、道路に飛び散った破損部品の位置なども、細かく写真が撮影されます。



この時、警察が調べるんだから大丈夫だと思ってしまいがちですが、警察は加害者と被害者のどちらの味方でもないですが、警察も人間なのでどちらからどんな話を聞くかによって、調書の内容がどちらか一方に有利、不利な内容になってしまう可能性は、少なからずあるということを覚えておいてください。

実況見分調書に立ち会うというのは基本中の基本ですが、大事なのは実況見分調書に真実が書かれているかを自分の目でしっかりと確認することです。

加害者が嘘をつかないで、しっかりと真実を話してくれる人ならいいんですが、自分にとって都合のいいように警察に話をする人も中にはいます。


私もこの時とは違う他の事故をしたときに、その時の事故相手の女性がブレーキを踏んでいない状態で私に追突してきたのに、私の家に謝罪に来たときには「ブレーキを踏んだんですけど間に合わなくて」と、主張を変えてきたことがありました。

その時は、「あなた、事故直後の調書ではブレーキを踏んでいなかったと警察に証言してましたよね?事故現場の写真にも、ブレーキ跡が一切ないのは証拠に残ってますよ」と言ってからは、相手女性はその後一切おかしなことは言ってきませんでした。


つまり、実況見分調書は事故の今後の証拠となるため、事実をしっかりと書いてもらうこと、そしてもし万が一事実と少しでも違う内容が書かれていたら、署名をする前にその場でしっかりと訂正してもらうこと。


私たちのように、その場ですぐに実況見分調書がとれる状況であればいいんですが、重症な怪我をしているにも関わらず、病院に行くのを我慢してまで実況見分調書を受ける必要はありません。

そういった場合は、後日改めて事故現場にて実況見分調書を行うこととなります。


実況見分を終え、救急車が到着してから私たち病院へ行くことに。


救急車で搬送後、基本的な検査だけ行われたものの...。


連れて行かれた病院では、診察とレントゲンを撮られましたが、それほど辛い自覚症状もなかったため、通院なども含め精密検査は自宅近くの最寄りの病院に行くことを伝え、ここではこれ以上の検査はしないことに。

会計どうするのかなーと思い、とりあえず私の車をどうやって移動させるかなどを保険会社の方と電話で相談・・・。

すると加害者の男性が病院へやってきて改めて謝罪があり、ここの医療費は私が払いますと言われたのでそうしてもらい、私たちは帰りの手段の手配などもしなきゃいけないため、加害者の方とは病院で別れました。


保険会社から言われた今後の流れは・・・


(1)病院から事故現場への移動にかかった費用は私が立て替え。
→タクシーを利用したので確か3000円前後でした。


(2)私の車はもう完全に自走不能なため、手配された積載車によりすぐに修理工場に届けてもらう。
→保険会社が手配した業者の人が積載車で取りに来てくれて、車の受け渡しはしたものの、私たちのこの場での支払いや立て替えは一切なし。


(3)帰宅手段は各自手配し、私が立て替え。
→自宅までは新幹線だと3時間、1人20000円前後を立て替え・・・。
事故現場から最寄りの駅までのタクシー代も含め、急に2人で4万円以上も持ちあわせていないため、コンビニで口座から引き出してまで立て替えるはめになりました。


結局、かなりの大金の立て替えをするはめになった被害者の私...口座にお金入れてて良かった...


遠方での交通事故だったため、帰りの新幹線代などの交通費の立て替え費用なども結構な金額でしたし、立て替えたお金が保険会社から戻ってくるのって、早くても1ヶ月程度がかかります。



何より、一番辛かったのは帰りの新幹線です。
交通事故直後はそれほど体も痛くなかったのに、新幹線でやっと気が抜けたのか、もう体の至る所が痛くて、自宅に帰るまで必死でした。


10:0の事故であれ、立て替えなどは基本的に被害者が行わなければならないことが多いということです。


もし、その場で医療費の支払いができなかったら?


もし、交通事故の検査や診察代などの支払いがその場でできなかった場合、どうしたらいいのでしょうか。

こちらのページ交通事故で首・頭・腰・手足などの「MRI検査」を受けることに!費用、時間、注意すること、食事は?でもお話していますが、MRIの検査費用って結構高額だったりします。


実際いろいろな人の体験談では、「思った以上にMRIの検査費用が高額で、支払うことができなかった」という人も多いんですよ。

もちろん、交通事故による治療費の支払いにも健康保険を使うことはできますが、それでも持ちあわせがないときには、内金という形で料金の一部を収め、後日支払うという方法もできます。

どっちにせよ、自分で支払いや立て替えをしたのであれば、領収書や支払い明細は必ずしっかりと保管しておきましょう。




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

交通事故に関わる専門用語解説

 

FX取引