交通事故が起きたら!

他人の車を運転して交通事故をした場合、保険や修理代はどうなる?

家族や友達とドライブや旅行にでかけたときに、道中で運転を交代することになったりと、人の車を借りて運転している時に交通事故を起こしてしまった場合、あるいは自分の車を貸していて事故をされた場合、どうなるのでしょうか?


根本的に、事故の責任は誰にあるのか?車の持ち主?それとも運転者?


そもそもの話、他人の車で事故をしてしまった場合、事故の責任は車を貸した持ち主にあるのでしょうか?それとも車を借りて運転した運転者でしょうか?


これは当然ですが、事故の責任は車を貸した側ではなく運転していたドライバー本人にあります。

この責任とは、事故による被害者がいるような人身事故であればその人身事故に対する損害賠償はもちろんのこと、物損事故出会った場合の損害や、運転していた車に対する修理代、示談金に至るまですべてです。




また、人身事故の過失や交通違反に対する免許証の点数の減点などの処分も、車の持ち主ではなく車のドライバー本人に対して行われることとなります。

あくまでも、全面的に責任があるのは車のドライバーなんですね。


では、車の所有者(持ち主)には一切責任問題には問われないのか?


事故の責任は全面的にドライバーにあると先ほど書きましたが、実は、車の所有者(持ち主)である車を貸した側にも責任に問われます。

車を他人に貸しただけで運転していないにもかかわらず、どうしてその車の所有者まで責任に問われてしまうのかというと、それは"運行併用者責任"という法的責任があるからです。


※運行併用者責任とは?
運行併用者責任とは、交通事故被害者の保護・救済を目的とされた自動車損害賠償保障法によるものです。

被害者の保護、救済とはどういうことかというと、例えば不法行為責任を立証したところで加害者に支払い能力がない場合などに、被害者が損害賠償を受け取れない事態を防ぐものです。

つまり、交通事故の被害者は加害者であるの自動車のドライバーだけではなく、加害者の運転していた車の所有者に対しても損害賠償が請求できるということでもあります。


しかし、この運行併用者責任によって車の所有者への賠償責任が発生するのは、被害者の身体に対する損害のみですので、人身事故ではない物損事故の場合は、車の所有者に運行併用者責任が及ぶわけではありません。


次に、具体的に誰の保険が使えてどういった損害賠償が行われるかについてです。


人の車で事故をした時、誰のどんな保険を使うことになる?契約内容や等級は?


人の車で事故をした時、または車を人に貸して事故をされたとき、損害賠償責任は車を貸した人ではなく車を借りて運転していたドライバーにあるとお話しましたね。

ここから、具体的にはどんな保険が使えてどんな契約内容になっているのかを注意してみてもらいたいと思います。


方法(1)自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)を使う
自賠責保険は、法律で決められた強制保険(必ず加入しなければいけない保険)ですので、借りた車は自賠責保険には必ず加入しているはずです。

自賠責保険は、その自動車の保有者と運転者が被保険者となるため、人身事故に対する補償は、自賠責保険を適用することができます。


方法(2)他者運転危険担保特約/他者運転危険補償特約を使う
はじめに、もし人の車で事故をしてしまった時にも、「他者運転危険担保特約(他者運転危険補償特約)」により、自分の保険で補償することができます。

これは、自分で自動車を所有している人であれば任意保険に加入した時に自動的に付いていることがほとんどです。


もちろん、その任意保険の自動車保険会社によっては、自動的に付けられていない任意保険もありますし、なおかつ無断で人の車を借りた場合には適用外ですし、この特約を適用させるにはいくつか条件があることがほとんどです。

また、任意保険は車を持っている人が加入する保険ですので、そもそも車を持っていない人は、任意保険にすら加入していないため、注意が必要です。

適用できる場合でも、対人賠償保険、そして対物賠償保険は補償対象となっても、人に借りた車そのものの損害(修理代など)については、どんな契約内容で車両保険を付けているかなどによって、補償の対象となる場合と対象外となってしまう場合があります。


方法(3)車の所有者の任意保険を使う
3つめの方法は、車の所有者が加入している任意保険(自動車保険)を使う方法です。

しかし、保険料を下げるために「運転者の範囲」という契約内容を、本人限定や配偶者限定、家族限定などに限定的な範囲で保険に加入している場合には、補償を受けることができないケースも多いです。


ただ、この運転者の範囲の契約内容が、事故の時運転していた家族または友人などのドライバーにも適用される条件で加入していたとしても、保険を使うということは少なからず保険料が上がってしまうこととなります。

車の所有者からすると、自分がした事故ではないのに自分の保険の等級が下がり、保険料が高くなる可能性があるので、車を貸した側のリスクはかなり大きいですよね。


安易にしてしまいがちな車の貸し借り、実は重大なトラブルになりかねない


車の貸し借りは家族や兄弟、仲のいい友人同士でなど、つい気軽な気持ちでしてしまいがちです。

しかし、「大丈夫だろう」と安易な気持ちで人に車を貸す、または人の車を借りてしまうと、もし事故が起きたときにこれほどまでに大変なことになってしまいます。



貸した側にも借りた側にもリスクは伴い、「自分は貸しただけだから関係ない」、「車を貸した人が悪い、知らない」では済まされることではありません。

どれだけ信頼し合っている友達同士であろうが、事故で損害賠償や補償などお金の話になった途端、友人の態度が一変するなどの話も聞きます。

親切心や軽い気持ちで車の貸し借りをしたことが、その後の交友関係にまで悪影響を及ぼすなんて、できることなら避けたいものです。


そのためにも、気軽な気持ちで車を借りたり貸したりしないことは大前提で、借りる・貸す際には相手の保険の契約内容がどうなっているか、自分の保険内容はどうだったかをしっかり確認しておくことが大切です。


免許はあるけど自分の車はない。そんなときには「超短期自動車保険」もある


車の運転免許はあるものの、自分の車は所有していないため自動車保険にも加入していない場合、車の持ち主に迷惑をかけないようにするという意味でもオススメな、最短1日から加入できる"超短期自動車保険"というものがあります。

これは最短1日から7日まで、1日単位で契約できる短期の自動車保険で、NTTドコモや東京海上火災保険などから加入できるそうです。


対人賠償、対物賠償などの保険金額が無制限であったり、車両補償のプランが付いているものなどあり、外出や旅行時のもしもの事故に対する保険として、こういったものも準備しておくのもいいと思います。






交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引