自動車保険の種類

強制加入の「自賠責保険」と、任意加入の「任意保険」の違い

自動車保険には大きく分けて2つあり、1つは加入が義務付けられている「自賠責保険」と、2つめに任意で加入する「任意保険」があります。

"保険"と聞いただけでちょっと複雑で難しそうな感じがしてしまいますが、交通事故を起こしてしまった人だけではなく、もしものときの事態に備える意味でも、保険について知っておいて損はありません。


このページでは、これら2つの自動車保険とは何か、そして2つの保険の関係についてもお話していきます。




(1)自賠責保険


自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法による「自動車損害賠償責任保険」というもので、法律で加入することが義務化されているため、別名「強制保険」とも呼ばれていたりします。


つまり、「自賠責保険」とは自動車を運転するのであれば、必ず入っておかなければいけない自動車保険であり、自賠責保険に加入していなければ、車検すら受けることが出来ません。

もし自賠責保険に加入しないで車を運転した場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免停などの処分があります。


ここから、自賠責保険の特徴をわかりやすく解説していきます。


check!●自賠責保険の補償の範囲は?
自賠責保険の補償の範囲は、交通事故の被害者(他人)のケガなどの身体に対する賠償責任のみとなっています。



そのため、相手の車やバイクなど物に関する損害賠償や、自分自身の身体(死傷)・車(物)に対する補償はない、ということです。


交通事故にはいろいろなケースがありますが、電柱やガードレールなどを壊してしまった場合など、その事故の物損状況によっては、高額な賠償を請求されることもあります。


check!●自賠責保険の損害賠償の金額には、限度がある。
自賠責保険から支払われる傷害に関する損害賠償の金額は、任意保険の補償のように無制限ではなく、120万円までとなっています。

この120万円には、治療費をはじめ、通院費、休業損害、慰謝料などを全て合計したものの限度額になりますので、120万円を超える点についてはカバーされません。

その他身体に関しては、後遺障害になった場合には4.000万円まで、死亡した場合には3.000万円までが限度額です。

こう見てみると、相手の身体に対する補償はあるものの、最低限の補償額であり、この補償額では十分な補償額とは到底言えませんよね。


ということは、例えば歩行者にケガをさせてしまい入院費や休業損害などで、被害者から300万円の損害賠償を請求された場合、自賠責保険は限度額が最高で120万円なので、残りの180万円は自己負担ということです。


check!●相手との示談交渉などを代理で行ってもらえない
自賠責保険では、例えば相手との示談交渉が必要となった場合など、任意保険のように保険会社の人が示談交渉をしてくれることはないため、全て自分で行わなければいけません。


(ちなみに任意保険であっても、こちらの過失が全くない100:0の交通事故の場合には、加害者側の保険会社との示談交渉を、自分の保険会社の人は行ってくれません。この理由と、対策についてはこちらのページ「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?を参考にしてください。)


check!●減額は、被害者に重大な過失があった場合のみ
自賠責保険は、その事故で被害者に重大な過失があった場合にのみ、その過失割合によって一定の割合で損害賠償から減額される仕組みです。


例えば、被害者の過失が70%未満の事故では、傷害に係るものは減額がなく、被害者の過失が70%以上であれば20%という一定の減額になります。



(2)任意保険


任意保険とは名前の通り、加入は任意のものなので、自賠責保険とは違って加入が義務付けられている保険ではありません。


任意保険は、任意といえども加入していない人はほぼいない自動車保険で、任意保険が必要とされる理由は、やはり自賠責保険では補償が不十分な点をカバーするためです。


check!●補償の内容が充実していて、自賠責保険をカバー出来る
任意保険の補償内容には、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害(補償)保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険、車両保険などがあります。
補償の内容を、少し詳しく触れてみましょう。


(1)対人賠償保険
対人賠償保険とは、自賠責保険では補えなかった人身傷害の賠償金を補償されるものです。

(2)対物賠償保険
対物賠償保険とは、他人の車や家などの財産に損害を与えてしまった場合の損害賠償です。

(3)人身傷害(補償)保険
人身傷害(補償)保険は、事故によって自分自身が死傷した場合に生じた損害を補償するものです。

一般的には被害者が死傷した場合には加害者の保険会社に損害賠償請求を行いますが、この人身傷害補償保険に加入していることによって、自分の保険会社から一定金額を早く受け取る事ができます。

(4)自損事故保険
自損事故保険は、自賠責保険などで補償されないような、建物との衝突などの自損事故により死傷した場合に支払われる賠償です。

(5)搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険は、契約している車に搭乗中の人が死傷したっ場合に、保険金が支払われるもの。

(6)車両保険
車両保険とは、契約中の車が事故や盗難などの損害を受けたときに、補償されるものです。


任意保険の補償は、数千万円や無制限などある程度自分で補償内容や補償額を選ぶ事ができるのが特徴です。

これらは、任意保険の基本的な保険内容であって、任意保険会社によっては今お話した保険が基本的な補償内容に含まれておらず、特約で選択するようになっている任意保険もあります。


check!●特約を付けることで自分に最適な保険にカスタマイズ出来る
無保険車傷害特約、代車等費用特約、弁護士費用等補償特約など、基本となる補償内容にさまざまな特約を付けることで、ある程度の範囲内で自分が補いたい特約を追加して手厚くしたり、あるいは年齢制限などを付けることによって、任意保険の補償内容を自分の最適な内容にカスタマイズすることができます。

その内容により、当然ながら任意保険料は上下します。


check!●相手との示談交渉や賠償請求などを代行してくれる
任意保険は自賠責保険とは違って、事故相手との示談交渉などを任意保険の事故担当者が行ってくれるため、加害者と被害者とが直接的に連絡を取り合う必要がなくなります。

交通事故をした後って、心身ともに精神的ダメージが強いので、そういう時に任意保険の担当者の方が、窓口となってくれるのはこころ強いですよね。



示談代行サービスは、対人や対物の補償内容の特約となっていることが多いです。


check!●嬉しいロードサービスが受けられる
任意保険に加入すると、この"ロードサービス"が受けられるものが多いです。

ロードサービスとは、例えばガス欠、タイヤのパンク、キーのインロックなど、うっかりしてしまいがちなトラブルにも、各種サービスが受けられます。

女性は特に安心かもしれませんね!



というわけで、自賠責保険と任意保険との違いについてお話しましたが、同じ自動車保険と言えど、補償に関してかなり違いがあることがわかってもらえたでしょうか。

私は大丈夫!と思っていても、交通事故なんてものは予期せぬ形で突然起きるものです。
起きてしまってから焦っても仕方がないので、しっかりと備えておきたいですね。


しかし、自分が加入している保険会社だからといって、必ずしも自分の示談に親身になってくれる保険会社ばかりではありません。

これは私の体験談ですが、難しい専門用語でしかろくに示談の内容の説明もしないで、賠償金に関しても本当はまだ受け取れる可能性があるのにも関わらず、「もう無理なんで」とか「これ以上は限界です」、「決まりですから」などと言われ、納得のいく示談交渉が出来ていない交通事故被害者も少なくありません。


私のような後悔をしないためにも、もしアナタが交通事故の被害者で、自賠責保険や任意保険の補償範囲なども含め、自分の味方となってくれる方に相談したいのであれば、一度交通事故に精通した弁護士さんに相談するといいでしょう。

これらについては、こちらで詳しくお話していますので参考にどうぞ。↓
「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?

交通事故に強い弁護士の、失敗しない選び方のポイントとは!私がオススメする交通事故被害者専門の弁護士ランキング!






交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引