物損事故の損害賠償!

物損事故の損害賠償!買い替え諸費用や評価損・格落ちとは!保険会社が認めないことが多いって本当?

このページでは、引き続き物損事故の損害賠償についてお話していきます。

●物損事故の損害賠償として請求出来るものには・・・
(1)修理費
(2)買い替え諸費用
(3)評価損/格落ち
(4)代車費用
(5)休車損害


などがあります。


(1)の修理費に関してはこちらのページ物損事故(人身事故も)の損害賠償の基準!修理?全損?時価(市場価格)の決められ方に納得できない場合!、(4)代車費用と(5)休車損害についてはこちらのページ物損事故の損害賠償。代車費用を保険会社が認めない理由!休車損害とは?新車なら慰謝料はもらえる?で解説しています。

このページでは、(2)買い替え諸費用と(3)評価損/格落ちについてお話していきます。


物損事故の損害賠償(2)買い替え諸費用


こちらのページ物損事故(人身事故も)の損害賠償の基準!修理?全損?時価(市場価格)の決められ方に納得できない場合!では、経済的全損や物理的全損などにより、交通事故によって愛車が全損扱いとなった場合には、修理費用ではなく時価が賠償金として支払われるケースもあるとお話しました。


車が全損となった場合、時価だけではなく買い替え諸費用が認められることがあります。

この買い替え諸費用として認められる費用にはどんなものがあるかというと・・・↓
・登録費用
・車庫証明費用
・自動車所得税
・自動車重量税のうちの未経過分
・検査、整備費用
・廃車費用
・納車、手続き代行費用
などです。



買い替え諸費用に認められないものとしては、新しく購入した車の自動車税、自動車重量税、自賠責保険料などです。

また自動車税や自賠責保険は、未経過分に関しては手続きを行うことで還付を受けられるため、買い替え諸費用としての請求は認められません。


物損事故の損害賠償(3)評価損/格落ち


評価損とは、事故によって壊れた車の修理をしたとしても、車の機能や外観や耐久性に不具合が生じたり、その車に"事故歴"や"修復歴"がつくことによって、車の価値自体が下がってしまうことを、「評価損/格落ち」といいます。

この車の機能や外観などに対する欠陥などは"技術上の評価損"、その車に事故歴や修復歴がつくことによって価値が下がることを"取引上の評価損"と呼ばれています。


※事故歴/修復歴がつく基準は?
事故歴、修復歴アリと判断されてしまう基準となるのは、車のどこの部分を修復、あるいは補修したのかという点です。

例えば、日本自動車査定協会などの定義によると、車のフレーム、フロア、トランクフロア、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、インサイドパネル、クロスメンバーなどを修復した場合に、「事故歴、修復歴がある車」となるとされています。


check!●取引上の評価損は、将来的に車を売却する際に大きなデメリットとなる
みなさんも一度は中古車を購入したことがあるかもしれませんが、例えば中古車を購入しようと思ったときに、事故車ではなくなるべく無事故車を購入しようと思うはずです。


この事故車扱いとなるのが、事故歴・修復歴ありとされてしまう取引上の評価損で、同じ車種と年式の車で比べても、事故歴がある車と事故歴がない車では、売却価格が全然違いますよね。



このように、自分の車が事故歴、修復歴のある車とされてしまうことで、もし将来的に車を売ろうと思っていた人からすると、かなりの損失となるわけです。



実際のところ、この「評価損」は必ずしも保険会社に認められるものではない...


私がいろいろ調べたところによると、「取引上の評価損」が認められる基準となるのは、その車の初年度登録から何年経過しているか、走行距離、その車両の新車価格(高級車の方が有利)、修復の程度などがあるようです。(100%とは言えません)

しかし、注意してほしいのはこの評価損の賠償は、保険会社に必ずしも認められるものではないと言うことです。


評価損の過去の裁判の判例でも、認められたものと認められなかったものとがあり、一般の私たちが保険会社に「評価損を認めてください」と言ったところで、「新車ではないので無理です」、「事故前に車の売買契約がされていた場合しか認められません」などと言われ、評価損の請求をすんなりと認めてくれないことが多いそうです...。


そこで、評価損を保険会社に認めさせたい場合には、交通事故に強い弁護士さんに依頼し、評価損が認められるようサポートしてもらうのも1つの手だと思います。

「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?



また、評価損は車の修復歴により車の価値が下がったことによるもののため、車が全損の場合は評価損は認められません。



↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引