物損事故の損害賠償!

物損事故の損害賠償。代車費用を保険会社が認めない理由!休車損害とは?新車なら慰謝料はもらえる?

このページでは、引き続き物損事故の損害賠償についてお話していきます。


●物損事故の損害賠償として請求出来るものには・・・
(1)修理費
(2)買い替え諸費用
(3)評価損/格落ち
(4)代車費用
(5)休車損害


などがあります。


(1)の修理費に関してはこちらのページ物損事故(人身事故も)の損害賠償の基準!修理?全損?時価(市場価格)の決められ方に納得できない場合!、(2)買い替え諸費用と(3)評価損/格落ちについてはこちらの物損事故の損害賠償!買い替え諸費用や評価損・格落ちとは!保険会社が認めないことが多いって本当?で解説しています。

このページでは、(4)代車費用と(5)休車損害についてお話していきます。


物損事故の損害賠償(4)代車費用


代車費用は、事故にあった車を修理に出している期間や、新しい車を買い換える期間に代車(レンタカー)を使用した場合に、代車費用を請求することができます。


check!●これ、私も言われました!保険会社から「代車は認められない」?!
よくネットで目にしますし、私もこれは過去の事故で保険会社から実際に言われたことがあるんですが、「100:0の事故ではないので代車は出せません」という言葉。

あるいは、「双方に過失があるような事故では、代車は出ないんです」とか、「業務に使用していたわけではないので無理です」などと、代車を断られてしまったり。




しかし、代車が本当に認められないんでしょうか。


<代車が認められる場合>
(1)必要性
例えば...

・営業用車両代車を使っていて、営業車がなければ仕事が出来ない場合
・通勤や通学に車を使用している場合
・レジャー目的など車に乗るのが趣味でそのために車を使用していた場合
などは、代車を使用する必要性が認められることが多いです。

(2)相当性
代車料を負担した場合、事故をした車と同等クラスの代車が限度とされています。

代車の使用が認められる期間は、こればかりはケース・バイ・ケースで、"相当な期間"であること以外、どの保険会社でも一概に決まりがあるわけではないようです。

相当な期間として認められるのは、だいたいが1ヶ月前後のみで、ズルズルと代車を借り続けている場合には、「1ヶ月以降の費用は出せません」などと言われることもあります。

現実に、代車を使用して費用を負担した事実があった場合、その時点で賠償としてその分の費用を請求する方法が多いようです。


<代車が認められない場合>
代車が認められないのは、事故をした車の他にも車を持っていたり、他の予備の車がある場合、または通勤先・通学先が自宅からとても近い距離の場合は、交通機関を使用することが相当と判断された場合です。

これを見てわかりますが、つまり保険会社が言う「代車は認められない」というのは、賠償金をなるべく抑えたいがためのものであり、「100:0でなければ代車が認められない」という決まりなんて、存在しないのです。


しかし、私もまだ交通事故の知識が全くない頃、「代車がないと仕事に行けません」と保険会社に申し出たところ、「今回の事故はどちらにも過失があり、100:0の事故でないと代車は出ないんですよ」と断られてしまった経験があります。

そんな風に言い切られると、私たち素人は「そうなんだ」と勘違いしてしまいそうですが・・・。

先ほどお話したように、過失割合によって代車が認められないなんてことは、ありません!


双方に過失がある事故でも、必要性、相当性が認められれば代車費用は認められますが、注意しなければいけないのは、代車代を請求出来るのは過失分相当額のみで、自分にいくらか過失がある事故の場合は、その過失分は自己負担となります。


ただし、重要なのはこの"アナタにとっての代車の必要性、相当性を保険会社に認めさせること"なのですが、過去の私のように「通勤に必要」だと言っても、断られるケースがほとんどです。

代車の必要性、相当性を保険会社に認めさせるには、やはり賠償請求などの交渉術を熟知している弁護士さんに協力してもらうのがいいと思います。

「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?


物損事故の損害賠償(5)休車損害


休車損害とは、営業車などで修理や買い替えの期間中その車を使えなかったことにより、本来得ることが出来ていたであろうと思われる利益相当分が認められるものです。


しかし、被害者自身がその事故にあった車以外に、その車の代わりに営業で使用出来るような予備の車を持っていた場合などは、休車損害は認められません。


新車なら、物損事故でも慰謝料は認められるのか?


結論から言うと、こちらのページ交通事故の種類「人身事故/物件事故(物損)」の違いとは!自賠責が使える?刑事事件になるのは?でもお話していますが、物損事故の場合にはその車が買ったばかりの新車であろうが慰謝料はほぼ認められません。

慰謝料が認められるのは人身事故の場合でのみで、物損事故の場合、新車であろうがその車をどれだけ大切にしていたとしても、慰謝料は認められることはありません。


しかし物損事故の場合でも、今回たまたま人身にはならなかったものの1つ間違えたら生命の危険や身体への被害が出ていたような場合、"主観的精神的価値"に被害が起きていると判断されれば、それを慰謝料として請求出来ることもあるそうです。


このように、例えば自宅に加害車両が追突して生活が害された場合や、ペットが被害にあった場合なども主観的精神的価値の被害として認められることがあるそうですが、過去の裁判の判例でもこの主観的精神的価値の被害が生じたことを認めるケースと認めないケースがあり、なかなか判断は難しいところのようです。





↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない場合

 

私の交通事故体験談より