人身事故の損害賠償!

人身事故(交通事故)では、被害者はどんな慰謝料や損害賠償が請求できる?通院や入院、後遺障害?

自分でどれほど注意深く運転していても、予期せぬ形で突然交通事故に・・・。

人身事故と物損事故との違いについては、こちらのページ交通事故の種類「人身事故/物件事故(物損)」の違いとは!自賠責が使える?刑事事件になるのは?でお話しましたが、人身事故と物損事故の場合では、受け取れる損害賠償の金額が全く異なります。


人身事故の場合は、加害者は被害者に対して刑事処分などの責任を負う他、慰謝料などの損害を賠償する義務もあります。


交通事故の加害者が賠償しなければいけない損害には、どんなものがあるかと言うと...↓
(1)治療費
(2)入院雑費(入院交通費/謝礼など)
(3)付添看護費(入院付添看護費/通院付添看護費)
(4)通院交通費
(5)休業損害
(6)後遺障害逸失利益
(7)入院通院慰謝料
(8)後遺障害慰謝料
(9)装具・器具等購入費
です。

死亡事故の場合はこちらのページに記載しています。


この中で、私たち被害者が受け取れる慰謝料は、(7)傷害(入通院)慰謝料と(8)後遺障害慰謝料があります。

ここから、これらの(1)から(8)までの項目の内容について、詳しくお話していきますね。


(1)治療費


治療費とは、診察料や検査料、投薬料、入院料、手術料などのことです。

治療費は、診察や治療の必要性が否定されるような過剰診療や濃厚診療などでない限り、全額請求することができます。



ただし、請求といってもこちらのページ【体験談】私が事故をした時、病院での検査や交通費は誰が払ったか?救急車で運ばれた時の実際の流れで私の体験談を書いたように、最初から治療費を一切立て替えずに病院から保険会社へ直接治療費を請求してもらっていることも多いと思います。


(2)入院雑費(入院交通費/謝礼など)


入院するにあたって、入院交通費や日用品などの雑費、その他適切な範囲であれば医師への謝礼も認められます。



(3)付添看護費(入院付添看護費/通院付添看護費)


医師の指示や被害者の年齢、障害の程度によっては、入院付添看護費や通院付添看護費が請求できますが、最近のほとんどの病院では入院環境が十分整っているため、入院通院に関しては基本的には認められないことが多いそうです。


(4)通院交通費


通院のためにバスや電車などの交通機関を利用した交通費は全額請求出来ますが、タクシーの利用が認められるのは、ケガの部位と状態によるそうです。


私の場合、首のむち打ちで通院していた時にタクシーで通ってもいいと言われました。


(5)休業損害


交通事故のケガなどで、入院や通院などの期間中に仕事を休んだことによる失った分の収入です。

収入の関しては、「給与所得者」の場合は交通事故にあう3ヶ月間の収入で計算され、「専業主婦」の場合は同年代の女性の平均給与額に基づき、「個人事業主」の場合は事故のあった前年度の年収を元に365日で割るくそうです


ただ、学生アルバイトの場合は基本的には休業補償が認められないことが多いです。


(6)後遺障害逸失利益


そもそも後遺障害がどんなものかについては、こちらのページ交通事故で後遺症が残った!症状固定や後遺症、後遺障害の違いは?後遺障害の認定はするべき?等級認定のメリットとは?を参考にしてくださいね。


後遺障害逸失利益とは、交通事故によって後遺障害が残ってしまった場合に、その後遺障害によって将来得られるはずだった利益が少なくなるものを補填する目的のものです。


(7)傷害(入通院)慰謝料


交通事故をしてケガや入院、手術などを強いられたことによる精神的&肉体的な苦痛、損害に対する慰謝料のことです。

これは、実際に被害者が入院または通院した期間、ケガの部位と程度を基準に算定されます。



(8)後遺障害慰謝料


交通事故で後遺障害が残った場合の、それに伴う精神的な損害に対する慰謝料です。

後遺障害についてはこちらのページ後遺障害1から14級までの等級表ごとの症状は?加害者に請求出来る逸失利益?支払い基準は?でお話していますが、14等級で分かれている後遺障害のうち、被害者がどの等級が認定されたかによって、後遺障害の慰謝料も変わってきます。



残った後遺障害の状態によっては、認定された等級では納得がいかないという被害者も多く、さらには「後遺障害と認定されると思っていたら、どの等級にも認定してもらえなかった」という人もいます。

どの等級の後遺障害が認定されるかによって慰謝料はかなり違ってきますから、こういった問題を弁護士さんに相談し、それによって後遺障害の認定がおりなかった人が後遺障害の認定がされたり、不安が解消された被害者の方も多いようです。

詳しくはこちらのページ「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?へ。


(9)装具・器具等購入費


交通事故により、義足や車いす、補聴器、義歯などが医師の指示により必要となった場合には、その先の将来に必要とされる費用相当額が認められます。


人身事故の慰謝料はなにを基準に決定されるのか?


慰謝料については、実費でかかった治療費などとは違い、あくまでも精神的な苦痛や負担に対する損害賠償なので、その交通事故によりそれぞれの被害者がどれくらいの慰謝料が妥当であるかという判断は、なかなか難しいとされています。


そこで、人身事故の慰謝料については、3つの基準をもとに算定されます。
この3つの基準による慰謝料の決まり方、算定のされ方については、こちらのページを参考にしてください。


私のように後悔しないために!保険会社の言う通りでは被害者が損をすることもある!


自慢にはなりませんが、私もこれまで人身事故も物損事故も何度も経験してきましたが、何度交通事故や示談交渉を経験しても、保険会社の担当者に「ありがとう」と思ったことは一度もありません・・・。

なぜかと言うと、保険会社の方が被害者である私の味方なのだと感じたことが一度もないからです。(あくまでも私の体験談なので、全ての保険会社がそうではないのですが)

こちらの過失のない100:0の事故でさえ、被害者の立場で親身になって治療させてくれるわけでもありませんでしたし、加害者側の保険会社のかたも被害者へ精一杯の誠意を持って対応してくれている感じではありませんでした。

もちろんこれは、保険会社だって商売なのですから、支払う賠償金は少なく済めば済んだだけいいのは保険会社として当然のことです。



しかし、交通事故に遭ってこの先治療を続け、後遺障害まで発展したりと、身体の治療だけではなく精神的な負担を考えると、私たち被害者からすると少しでも損はしたくないですし、もらえるはずの賠償金があるならもらいたい、出来る限り自分が納得出来る金額に近づけたいと思うのが当たり前ですよね。


最近では、交通事故の慰謝料や賠償金を上げるために、交通事故を専門としている弁護士さんに相談し、保険会社ではなく私たち被害者の味方としてサポートしてもらう人が増えています。

人身事故の場合、最後の最後の示談交渉まで話が進んでから弁護士さんに介入してもらうのではなく、治療を開始する前や開始してすぐなど、弁護士さんに相談するのは交通事故に遭ってから早ければ早いほど良いそうですよ。


任意保険に弁護士費用特約がついていれば、弁護士費用の心配もほとんどないそうですし、まずはこちらのページ交通事故に強い弁護士の、失敗しない選び方のポイントとは!私がオススメする交通事故被害者専門の弁護士ランキング!を参考にしてくださいね。





↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない場合

 

私の交通事故体験談より