交通事故の慰謝料は、何で決まる?

交通事故の過失割合とは?判例による決め方/弁護士に依頼?慰謝料が減額される過失相殺とは?

不運にも交通事故に遭ってしまった場合、誰もが一番気になるのが、この"過失割合"ではないでしょうか?


交通事故は、自動車同士の事故であろうが、自動車と自転車、自動車と歩行者の事故であろうが、必ず決めることになるのがこの過失割合というものです。

実際詳しくは知らなくても、言葉自体は聞いたことがあるという人も多いかもしれませんし、保険会社からも示談交渉の初期の段階で、過失割合の話はされ始めていると思います。



この過失割合というのは、この先の後遺障害の慰謝料や示談交渉など、最終的に受け取れる損害賠償を左右しかねない、かなり重要な項目でもあります。

つまり、交通事故の慰謝料や示談交渉において、「なるべく損したくない!」と思っている人や、「少しでも多くの損害賠償を受け取りたい」、と思っている人は、絶対にチェックしておいてほしいです。

保険会社から言われることを鵜呑みにしていると、貴方自身が一番損をしかねないのが、この過失割合なのです。


このページでは、過失割合とはどんなものなのか基本的なことをはじめ、過失割合がどんなことに影響するのか、そして過失割合の決められ方、過失相殺などについてもお話していきます。


過失割合とは


過失割合とは、発生した交通事故に対して、事故当事者双方の責任の大きさ、または不注意(過失)の程度を割合にしたものです。

過失割合は、例えば50:50、80:20などの数字で表され、どちらか一方に全く過失がないときには100:0といった形で表されます。



しかしどちらか一方に全く過失がなく(0)、片方に全面的に過失がある(100)とされる事故は数少なく、ほとんどの事故が双方に責任があるとされる事故です。

100:0の事故は当然、過失が100の方が加害者、0の方が被害者となりますが、100:0の過失割合以外の事故でも、過失割合の大きい方が加害者、小さい方が被害者と呼ばれます。


自分に少しでも過失がある以上は、被害者であろうとも自分の過失分に関しては損害賠償の支払い義務が発生してしまいます。


このように、過失割合が直接的に損害賠償に影響してくるため、示談交渉でも一番揉めるところだと思います。


過失割合は、誰がどんな基準で決めるのか?


過失割合は、通常は示談交渉の中の1つとして、相手が加入している任意保険会社の担当者と、自分が加入している任意保険会社の担当者とが、話し合いにより過失割合を決定します。

この過失割合の話し合いの基準となるのは、"判例タイムズ(民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準)"と呼ばれる本で、車同士、駐車場内など、過去のさまざまな交通事故のパターンを類型化しされたものです。


保険会社はこの判例タイムズより、その事故と似たものを探してその過失割合を基準に、速度など個別の状況を"修正要素"として過失割合を算定していきます。



しかし注意しなければならないのが、あくまでもこの判例タイムズは基準で、参考割合でしかないということす。


つまり、保険会社の担当者がどんな項目を修正要素として、過失割合に適用させるかによって割合が左右されてしまうということ。

そしてあなたの今回の事故と、基準となる判例タイムズと修正要素までもが、全て一致するような全く同じ事故なんて存在しないのです。


基準となる判例タイムズは、よく似た事故であり、同じ事故ではありません。


示談交渉を行っていく上でも、保険会社の担当者は「過去の似たような事故の判例の過失割合を元に算定していますから、過失割合はここから動かすのは無理です」とか、「どこの保険会社でも同じ判例タイムズをもとに割合を出しているので、どうすることもできません」などと、あたかも判例タイムズが絶対的なものだと取れるような言い方をされることも多いです。



何の知識も経験もない素人の私たちが、「そんな過失割合は納得できない!」とか、「相手のほうが速度が出ていたのに!」などといろいろ言ったところで、それは"いつまでもゴネているただの素人"でしかないんです。

本当にその事故の状況や証拠を過失割合に反映させて、納得のいく過失割合にしたいと思っているのであれば、交通事故の示談交渉専門の弁護士さんに相談するのが一番だと思います。


最初にお話した通り、この過失割合は直接的にその後受け取れる損害賠償の金額に影響してくるため、過失割合を妥協してしまうと、結果的にあなたにとって納得のいく示談にはならないと思います。


過失割合は、警察が決めるものではないの?


こちらのページ人身/物損の交通事故をした時に、まずするべき事?警察による実況見分調書とはでも少しお話しましたが、交通事故をすると警察によって実況見分調書などが作られますが、事故の過失割合を決めるのは警察ではありません。


警察は、道路や速度、車の損傷、信号などの道路状況など、その時の事故の状況を細かく聞き取り、事故があったことの証明を取るだけで、例えばこちらが「この事故の過失割合って、どれくらいだと思われますか?」などと聞いても、「過失割合については警察の範囲じゃないから、何とも言えないよー」などと言われてしまいます。

警察には"民事不介入の原則"があるためです。


受け取れる損害賠償が減額される?!「過失相殺」とは?


例えば、加害者に100%過失がある場合には、加害者が被害者に対して損害を100%賠償する必要がありますが、被害者にも過失がある場合には、被害者の過失割合に応じて損害賠償額から減額されることになります。

これを、過失相殺と言います。


<過失相殺の例>
例えば・・・

・Aの過失割合は80%/Bの過失割合は20%
・Aの車の損害は200万円/Bの車の損害は100万円

・AがBに支払う損害賠償は、100万円×80%で80万円
・BがAに支払う損害賠償は、200万円×20%で40万円


過失相殺により、BがAから受け取れる損害賠償額は、80万円-40万円で、40万円となります。


しかし、被害者の過失割合や損害賠償額によっては、被害者が損害賠償を少額しか受け取れないどころか、被害者が加害者に損害賠償を支払わなければいけない事態にもなりえる、ということです。

100:0の事故ではない限り、示談交渉していく中で過失割合については、一番もめる部分だと思います。



保険会社から過失割合を動かすのは無理だと言われ続けてしまうと、揉めること自体が精神的に疲れてしまい、もういいかと妥協してしまう人が多いと思います。


私がとても後悔しているのは、なぜもっと早く交通事故専門の弁護士さんに相談しなかったんだろう...ということです。


交通事故の示談交渉を、弁護士さんに依頼するメリットについては、こちらのページ「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?で詳しくお話していますが、交通事故専門の弁護士さんなら、貴方の味方となり、あなたに代わって保険会社との交渉を行ってくれます。

私たち素人とは違い、法律の知識や事故解決の実績を活かして、よりあなたが納得のいく過失割合に近づくようがんばってくれると思います。


交通事故の分野で、過失割合についてが一番もめることでもあるため、弁護士さんに依頼する人は最近かなり多いですが、気になるのは弁護士費用ですよね。

弁護士費用は、多くの人が任意保険に付帯している"弁護士費用特約"により、弁護士費用は0円となる人も多いんですよ。


無料で相談が出来る弁護士さんが多いので、まずは保険会社から提示されている過失割合が妥当なのかどうか、一度相談してみるといいと思いますよ。

交通事故に強い弁護士の、失敗しない選び方のポイントとは!私がオススメする交通事故被害者専門の弁護士ランキング!






↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引