交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?

交通事故の示談交渉や慰謝料の増額を、弁護士に依頼?と聞くと、今まで示談交渉を保険会社に任せっきりだった人からすると、なぜわざわざ弁護士に依頼するメリットがあるのか、ぼんやりとしかわからないかもしれません。

しかし、自慢ではないですがさまざまなパターンで数多く交通事故を経験してきた私の体験談からお話するのであれば、ただただ「なぜ、もっと早く交通事故専門の弁護士さんに相談しなかったんだろう」と正直なところ後悔するばかりです・・・。


というのも、示談交渉って誰もが簡単に出来るものではなく、交通事故の専門的知識もない私たち素人が、交通事故の専門家とも言える保険会社を相手にして交渉していくのって、普通に考えても不利でしかありません!

保険会社から提示された損害賠償の金額に腰を抜かすほど絶望しても、「なんとかしてください!」「大切にしていた愛車なんです」「こんなに身体が痛いのに」と私たちが涙ながらに訴えたところで、知識と経験ナシでは賠償金なんて上がるわけがないのです。



ということで、このページでは私の体験談と併せて、交通事故の示談交渉や慰謝料増額を、事故専門の弁護士のかたに依頼するメリット・デメリット、そして交通事故に強い弁護士の選び方を解説していきたいと思います。


交通事故の示談交渉・慰謝料増額を、弁護士に依頼するメリット&デメリットとは


交通事故の解決のために、とっても悩んでいるみなさん。

私が過去のいくつもの事故のことを正直思い出したくないこともありますが、みなさんに同じように辛い思いをしてほしくないため、本当にあったこと・思ったこと・感じたことを正直に書いています。


保険や事故のことって、保険会社のページを見たって、私たち素人がわからないような難しい専門用語が使われて、理解が出来なくて本当に困った人も多いはずです。

いくつもの事故体験者だからこそお話出来ることを、出来るだけわかりやすく書いていきますので、みなさんの参考になればと思います。


弁護士に相談するメリット(1)保険会社とのやりとりを自分でしなくて済む


簡単に考えていませんか?
交通事故を経験した人でないとわからないと思いますが、交通事故による保険会社とのやり取りって、ほんっっっとうに精神的苦痛です!

知ってましたか?
例えば100:0の事故の場合、自分は完全なる被害者でこちらの過失はゼロのため、加害者側の保険会社とやり取りするのは自分自身なのです。



自分に過失が0だから良かった、では済まされません。

自分にもいくらか過失がある場合には、自分側の保険会社と相手側の保険会社が交渉していくことになりますが、自分に一切過失がない場合の事故では、自分側の保険会社は間に入ってくれないんですよ。


つまり、プロである加害者側の保険会社と、素人であるアナタ自身が直接交渉をしていくことになります。

こちらの過失がない以上、自分の加入している保険会社は部外者と同じ扱いになりますから。
私もこれは経験あるんですが、もうそれはそれは苦痛でしたよ。

こういった場合、私たちの代わりに間に入って交渉してくれるのは弁護士さんしかいないわけです。


自分にいくつか過失のある事故は、自分側の保険会社の人が間に入って交渉してくれますが、保険会社とのやり取りは全て自分自身です。

ですが、保険会社って平日は夕方5時とかまでしかやってないし、土日はお休み。
当然、仕事中にもバンバン電話はかかってきます。(;´Д`)

しかもですよ、事故のやり取りって、人身のほうの身体に対する担当の人(ケガなどの通院)と、物損の車両の損害に対する担当の人(車の修理)で分かれているんですよ。



つまり、電話も2人の担当者からかかってくる上、例えば人身の担当者にこちらが「そういえば、車の方の○○ってどうなってますかね?」と聞いたものなら、「車のほうは私ではあれなんで、お車の担当のものにおっしゃってくださいねー」なんて。

あっちからもこっちからも電話がかかってくるので、こちらとしては今されてる話が何のことだったかわけがわからない!となります(;´∀`)


私が一番困ったのは、やはり仕事の勤務時間中に電話でやり取りを行うことでした。
一度電話に出たら、たいてい数十分は話をしなきゃですし、その度に仕事を抜けて、もうコリゴリ。

何箇所ともやり取りをするって、本当に面倒でしたよ。


そんなやり取りが、弁護士の方がいたなら窓口が一本化されるし、自分の事故の人身の方のこと、車の方のこと、全て把握してもらっているので、ストレスなく解決へとすすめると思いますよ。


弁護士に相談するメリット(2)自分の味方となって戦ってくれる


弁護士に相談するメリットの2つめは、弁護士のかたが私たち被害者の味方となって示談交渉してくれる点です。

先ほどメリット(1)でお話したように、こちらに過失がない事故の場合は、相手側の保険会社と示談交渉を行うのは自分しかいませんが、こちらにもいくつか過失がある場合の事故では、自分の保険会社が相手の保険会社と交渉をしていってはくれます。


しかし、甘くみている人も多いかもしれませんが、こちらのページでも書きましたが、自分の加入している保険会社だからと言って、必ずしも自分の味方になって交渉していってくれると思ったら大間違いです。

自分は加入者なんだから保険のお客さんなんだし、自分のところの保険会社なんだから、そりゃもう親切で心あたたまる対応をしてもらえると思っていませんか?


私の場合のお話ですが、本来なら自分の味方になってくれるであろう、自分が加入している保険会社の担当者でも、普通に生活していて聞いたこともないような専門用語をいくつも並べられ、こちらが「うーん・・・ちょっと難しいお話で・・・」と困惑していても、「また一度お考えになってから、どうされるかお電話ください。それでは・・・」となられたことが何度もあります。

知識も経験もない私たちが、専門用語混ざりで事故の示談の話をされても、正直意味がわかりませんし、私も何度か保険会社の担当の人に、「その○○という意味がよくわからないのですが、もう少しわかりやすく説明してもらえませんか・・・?」とお尋ねしても、「ですから、」とまた専門用語を使って話されることもしばしばでした・・・。



自分の保険会社だからって、親切にしてもらえると思っていたら大間違いでした。

ただでさえ、身体の痛みや事故のショックで精神的にダメージがすごくて、泣きたい毎日だったのに、事故の示談の話を全て自分が受け、ろくな解説もしてもらえない。(私の場合です)


交通事故をしたとき、自分の味方は自分で作るしかないんです。


それが、弁護士さんだと思いますよ。


弁護士に相談するメリット(3)示談金、損害賠償が大幅に増額する可能性がある


弁護士に相談するだけで、示談金や損害賠償、慰謝料が増額される可能性って、それホントなの?と言いたくなりますよね。

なぜ、増額される可能性があるのかと言うと、そもそも保険会社が提示してくる示談金は、"自賠責保険の基準"、よくても"任意保険の基準"であることがほとんどです。


どういうことかというと、本来保険金の基準には、(1)自賠責保険の基準、(2)任意保険の基準、(3)裁判所の基準という3つの基準があります。

これらは、慰謝料の支払基準として見ると、(1)の自賠責保険の基準が一番低く、(3)の裁判所の基準で計算されたものが一番高くなる仕組みです。

自賠責の基準で慰謝料が計算されたからと言って、別にそれはある程度計算されたうえで私たちに提示されているので、一見「しっかり計算されて、これだけの金額しかもらえないんだな」と勘違いしがちなのです。



しかし、保険会社も利益を第一に考えるため、支払う保険金の額は少なければ少ないだけ、保険会社にとってはラッキーなため、ほとんどの保険会社は私たちに提示してくる示談金は、(1)の自賠責保険の基準で計算されたものなんです。

それを、弁護士に依頼することで法律的なさまざまな視点から、被害者が受け取るべき示談金を、裁判所基準で計算して示談交渉を行うため、はじめに保険会社から提示された示談金の金額よりも、大幅に増額出来る可能性があると言うことです。


裁判所の基準で保険会社と示談交渉するなんて、そりゃ私たち素人には難しいですもんね(;´Д`)



弁護士に示談交渉を依頼することによる、デメリットはある?


交通事故の示談交渉を弁護士のかたに依頼するメリットについてはたくさんあることがわかっていただけたと思いますが、それとは反対に弁護士に依頼することによって考えられるデメリットは、何があるのでしょうか。


考えられるデメリット(1)弁護士費用
交通事故に限らず、法律のプロである弁護士のかたに依頼すると、弁護士費用が発生するのは当然のことですよね。

これまで弁護士さんに何かを依頼したことなんて1度もない!という人がほとんどだと思うのですが(私もそう)、そういった人からすると「弁護士費用って、絶対高そう」とか「払えないほどお金がかかったらどうしよう...」とか、費用面での不安ってかなり大きい...!!(;´∀`)


そこで私もいろいろ調べてみたところ、自分が加入している任意保険で、「弁護士費用特約」という特約がついているのであれば、交通事故の示談交渉を弁護士さんに依頼する費用は、保険会社が負担してくれるんです!!

これって、すごくないですか?(◎o◎)/



費用は限度があって、だいたいどこの保険会社さんも300万円までが上限となっているそうなんですが、弁護士費用が300万円を超えることはほぼないそうで、この弁護士費用特約がついていれば、自己負担の金額は0になるかもしれません。

この弁護士費用特約については、こちらのページで詳しくお話していますので、参考にどうぞ☆


また、こちらのページ交通事故に強い弁護士の、失敗しない選び方のポイントとは!私がオススメする交通事故被害者専門の弁護士ランキング!では、交通事故を得意とする弁護士さんの選び方の基準をはじめ、私がお薦めする弁護士さんをランキングで紹介していますので、読んでみてくださいね。






↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引