私の交通事故体験談より

私も使った「人身傷害補償特約」とは?搭乗者傷害保険との違いは?慰謝料の計算

私も以前交通事故にあったとき、この「人身傷害補償特約」というものを使ったことがあるのですが、この特約がついていることさえ、私自身知らなかったほどで...。

私のように、いざ事故にあってこの特約を使おうと思ったとき、初めて自分の自動車保険についていたことを知る人も多いのではないでしょうか?


そこでこのページでは、この人身損害補償特約の特徴やどんなときに使えるのか、メリットやデメリットなどをお話していきます。


人身傷害補償特約とは?


人身傷害補償特約とは、被保険者が車に乗っているときだけではなく、歩行中や自転車に乗っている時などに交通事故に遭って死傷した場合に、ケガの治療費や休業損害、逸失利益、将来の介護費、精神的損害などを補償してくれるものです。

人身事故の時に受け取れる損害賠償の種類について詳しくはこちら人身事故(交通事故)では、被害者はどんな慰謝料や損害賠償が請求できる?通院や入院、後遺障害?へ。



こう見ると、普通の任意自動車保険の補償内容と何が違うのかと思ってしまいますが、この人身損害補償特約の1番の大きな特徴といえるのが、自分の損害賠償責任や事故の過失割合に関係なく、損害賠償を受け取ることが出来るという点です。

過失割合について詳しくはこちら交通事故の過失割合とは?判例による決め方/弁護士に依頼?慰謝料が減額される過失相殺とは?


わかりやすく言うと、単独事故ではなく相手のいる事故では、自分の過失割合分については補償されないため、例えば自分の過失が2割で損害額は100万円だった場合、相手から受け取れるのは80万円ということになりますが、この人身損害補償特約がついていれば、自分の過失割合に関係なく、損害分の保険金の支払いが受けられるということです。


人身傷害補償特約の対象となる人は、被保険者、被保険者の配偶者、同居の親族、または被保険者の自動車に乗っていた人などですが、その補償内容は保険会社によっては多少違いがあります。


人身傷害補償特約のメリット


人身傷害保険特約の1番のメリットと言えるのは、やはり先程お話したように、自分の過失割合に関係なく実際にかかった損害を補償してもらえる点です。

さらに、通常であれば相手がいる事故の場合、示談交渉ののち示談が成立してからでなければ損害賠償金は受け取ることが出来ないものの、人身傷害補償特約が付帯されていれば、事故の示談交渉の結果を待たなくても、保険金の先払いを受けることもできます。


示談交渉はどうしても長引きがちですが、先に保険金を受け取れるということは、精神的にも負担が軽減されることにつながりますよね。



また、この人身傷害保険は自分にも過失のある事故だけではなく、事故相手が任意保険に加入していない場合(かつ無資力)でも人身傷害補償特約があれば、保険会社が補てんしてくれたり、相手のいない単独事故のケガでも補償されます。


その他、人身傷害補償特約の補償の対象となる人が、同居している親族や別居している未婚の子供まで含まれたりと、補償の範囲がとても広いこともメリットの1つだと思います。

これは、例えば子供が休日に遊んでいてひき逃げに遭い、ケガをした場合などでも特約の対象となり、自分だけでなく家族の万が一にも備えることが出来るんですね。


人身傷害補償特約はノーカウント事故と言って、特約を使って保険金を受け取ったからといって事故の件数にカウントされないため、人身傷害補償特約のみを使った場合、その後の保険料への影響はありません。


人身傷害補償特約のデメリット


人身傷害補償特約のデメリットとしては、支払われる保険金額は、各保険会社が決めた基準によって保険会社が独自に算定しているため、当然ですが保険金の支払い基準の中でも一番高額になりやすい「裁判所基準」よりも、低い算定金額となってしまいます。


これは、逸失利益や葬儀費用などはどの保険会社も支払額はほとんど変わらないものの、特に精神的慰謝料については、ただ単に低いといっても保険会社によっても差があります。

示談交渉の結果に関わらず、先に保険金の受け取りが出来るものの、受け取れる保険金額は低めであることは、注意しなければいけません。


さらには、各保険会社で補償の内容が違ったり、補償の範囲を"搭乗中のみ"など自分で選択出来るものの、特約である以上は付帯することで自ずと保険料も高くなってしまいます。

慰謝料の算定基準についての解説はこちら交通事故の慰謝料の計算方法!自賠責、任意、弁護士(裁判所)基準?相場は?でしています。


人身傷害補償特約と、搭乗者傷害保険との違い


人身傷害補償特約は、補償の範囲が「車に搭乗中のみ」または「搭乗中以外も補償」される2つのタイプがありますが、この「車に搭乗中のみ」の人身傷害補償特約と、「搭乗者傷害保険」は、ほぼ同じものと考えていいです。

では、この2つは何が違うのかと言うと、"保険金の支払われ方"です。



まず、「人身傷害補償特約の搭乗中のみ補償」の場合は、限度額の範囲内で実際の損害額が全額支払われるのに対して、「搭乗者傷害保険」はケガの部位・症状ごとで補償額が決められている定額払いとなっています。

つまり「搭乗者傷害保険」の場合、手の骨折なら○○万円などと保険金は定額であるため、実際の損害が受け取れる人身傷害補償特約とは違い、保険金が不足しがちなのです。


もちろん、補償の内容や契約内容などは加入している保険会社ごとで異なるため、一概にどこも同じとは言えません。


私も交通事故のとき、この「人身傷害補償特約」を使ったことがあります!


それは、私が以前交通事故をしたときのことです。

このとき、一番最初に保険会社から言われた過失割合が私6:相手4で、しかしケガをしたのは私の方という事故のケースでした。


私の通院中も、症状固定となった後も一向に示談交渉はまとまらず、保険会社の方から「保険に付帯されている人身傷害補償特約を使ったらどうか」と言われ、ノーカウント事故でしたし、とりあえず勉強がてらに...と思い、この特約を使っていみることに。

損害額などの金額に納得できたら、一緒に送られてきた書類に署名・捺印して返送するだけです。


実際に、人身傷害補償特約を使ったときに保険会社から送られてきた書類がこちら↓









保険会社が提示してきた損害賠償はかなり少ない気もしたんですが、長引く示談交渉の精神的なストレスから、弁護士さんなどの専門家に相談することもなく、サインしてしまいました。

実際のところ、最近はほとんどの自動車保険に人身傷害補償特約は付帯されていますし、備えておくに越したことはないですが、事故のケースによって人身傷害補償特約を使うべきかどうかって、かなり悩むところですよね。


人身傷害補償特約は、示談前に実際の損害額などが受け取れる反面、精神的慰謝料などの損害分に関しては算定基準が低めに設定されているなどの、メリットもデメリットもあります。

ノーカウント事故だしまぁいいか、などと私のようにしっかりと判断もしないまま人身傷害補償特約で示談してしまうと、損を招くこともあると思います。


私も、このとき特約を使うべきなのかどうなのか全然わからなくて、保険会社の担当の方に聞いてみても「特約を使われるかどうかはご自身で決めていただかないと...」程度のことしか言ってもらえず、「損するか得するかなんて、そりゃ教えてくれないよなー...」と実感しました(;´∀`)

結局、自分の味方になってくれる人は、保険会社などではなくて自分が依頼した弁護士さんなどしかいないのではないでしょうか。


「私の後悔した体験談も」交通事故の示談交渉・慰謝料増額を弁護士に依頼するメリット!デメリットはある?





↓まずは気軽に無料相談するのが◎


320-250




交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない場合

 

私の交通事故体験談より