私の交通事故体験談より

交通事故で決定的な証拠に?!「ドライブレコーダー」のメリット&デメリット/裁判での提出は義務?

みなさん、ドライブレコーダーというものをご存知ですか?
自分の車にも取り付けようかな...と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


ドライブレコーダーとは、もともとはタクシーが防犯や交通事故の対策を目的として使われていましたが、最近はタクシーだけではなく一般(個人)の私たちの車にも取り付けられ、広く普及してきました。

そんなドライブレコーダーは、どのようにして役立ち、または交通事故の証拠としても有効に活用出来る存在であるのか、個人が交通事故対策として取り付けるメリット・デメリットなども解説していこうと思います。


ドライブレコーダーとは?


このドライブレコーダーとは、自動車のフロントガラスやダッシュボードに取り付けることで、走行中の前方や車内、後方などの映像を記録するものです。

ドライブの思い出の記録用として楽しむだけではなく、交通事故が起きた際にはドライブレコーダーで撮影した映像を裁判の証拠として使用することも出来るため、自分の車に搭載する人が増えているんですね。



例えば、事故の相手が自分の信号が青だったなどと後々嘘の証言をしてきたり、人の車にわざと衝突して慰謝料を要求してくる当たり屋などの犯罪対策としても、ドライブレコーダーで事故の様子が撮影されていれば、事故の証明としても大いに役立ってくれるわけです。

ドライブレコーダーの画質も年々向上しており、かなり鮮明に映像が記録されますし、速度やウインカー、ブレーキなどの状況までわかってしまいます。


自分の運転の様子まで映像として残ることで、普段よりも安全運転を心がけるようになり、後で自分の運転を振り返ったりも出来るため、ドライブレコーダーを取り付けるだけでも交通事故対策としてのかなりの効果が期待出来ると思います。


ドライブレコーダーのメリットとデメリットとは


ドライブレコーダーは、このように防犯面から見ても交通事故対策からみても、搭載のメリットはかなり大きいことがわかります。

しかし、さまざまな映像を記録してしまうがゆえに、デメリットとも呼べる点が存在します。

それは、自分にとって不利になる証拠まで残ってしまうことです。

もちろん自分自身が全く落ち度がないくらいの安全運転を心がけていれば、何の問題もないんですが、どうしても気が緩んでしまう瞬間って出てきてしまいがち。



ドライブレコーダーを搭載することによって、例えば携帯電話を触っていたり、助手席の荷物やナビを触っていたりして前方不注意であったり、一旦不停止をしたりと、自分にとって有利な映像だけではなく自分が不利になるような映像までもが、証拠として残ってしまうことになります。


どなると、いざドライブレコーダーの映像を見たときに、相手の過失を主張するどころか「あなたの運転のここが事故の原因だ」などと、自分の過失が指摘されてしまうことにもなりかねません。


つまり、映像を証拠として提出するかどうかは弁護士へ


事故相手からドライブレコーダーの提出を要求された場合でも、自分にとって不利な映像であるならば提出する必要はないため、拒否することは出来ます。

ドライブレコーダーの映像は、裁判などで証拠として使用することが可能であることはお話しましたが、この場合映像から切り取った部分のみの画像を提出することが多いそうです。


しかし、自分にとって不利となる部分を避け、有利な部分だけを作為的に切り取っていると判断されることもあるため、ドライブレコーダーの証拠の提出は、かなり慎重にならなければいけません。

後々、証拠として提出するかどうかをじっくり検討するためにも、事故直後すぐにドライブレコーダーの映像を警察に提出しないほうがいいようです。



どちらにせよ、記録されたドライブレコーダーの映像があなたにとって有利となるのか、不利となるのかはケースバイケースですし、証拠によっては提出したことが事故の過失割合を大きく覆してしまうほどの証拠能力を持ってしまうことにもなりますので、まず事故が起きたら交通事故の専門家の弁護士さんなどに相談したほうがいいでしょう。


ドライブレコーダーのさまざまな種類とタイプ、選び方


ドライブレコーダーにもいくつか種類があり、例えば「常時録画型」は名前の通り常に録画されているタイプで、その他に衝突など大きな衝撃を感知した場合や急加速や急ブレーキをした時のみ録画される「衝撃感知型/G(加速度)センサー録画」などもあります。

記録媒体は、ほとんどの機種でSDメモリーカードが採用されており、パソコンに簡単に取り込めるものばかりで、機種によっては車内の音声なども録音できます。


その他、走行履歴や事故をした場所などを記録できる「GPS機能」が搭載されたもの、スマートフォンなどに映像を転送できる「Wi-Fi機能」がついたものなどがあります。

せっかくドライブレコーダーを搭載しても、画質が微妙で事故の状況があまり判別できない...となっては、意味がありません。


ドライブレコーダーの選び方としては、一番重視したいのはやはり画質の問題です。

機種によって画像の鮮明さにかなり違いが出るため、画素数が多く、フルハイビジョンの映像撮影が出来るもの、夜間などの暗い場所での撮影にも向いているものがいいですね。


ドライブレコーダーがあって良かった!友達の事故体験談


ある日、私の友人が交通事故に遭ったときのお話なんですが、夜間に3車線の道を走行中のことでした。

友人は2車線目を走行しているとき、横の車が3車線目のやや後方を走っていたそうです。

すると、しばらく走行して交差点に差し掛かったとき、3車線目を走行していた車が、急に友人が運転する2車線目に車線変更をしてきたとき、その友人の車両の後方に追突してきました。


すぐに警察を呼び、事故の聞き取りなどをしていると、なんとぶつかってきた相手が「車線変更をしてきたのはあいつだ」などと嘘の証言を警察にし始めたそうです...。


これにはさすがに驚きですが、近くに防犯カメラなどもなく時間帯も遅かったため目撃者はおらず、警察もどちらの主張が正しいのか判断しかねていたようでした。

怖いことですが、こうして事故の目撃者がいなければ、自分は何の落ち度もなくただ真っ直ぐ走っていただけなのに、あたかも事故の原因は自分であるような嘘の主張がされてしまうこともあるのです。



しかし、幸いにも友人の車にはドライブレコーダーが取り付けてあったため、後日事故の相手側の保険会社にドライブレコーダーに記録されていた証拠があることを主張すると、すぐに事故相手は車線変更をしてぶつかったのが自分であると認めたそうです...。(^_^;)


このように、幸い自分の身の潔白が晴らせられる証拠があったから良かったものの、ドライブレコーダーがなかったら、相手の嘘の主張がもしかしたら通っていたかもしれないと思うと、ゾッとしますよね。


ドライブレコーダーは、もしもの時に自分を守るための武器となります。
私も、ドライブレコーダーは備えておいて損はないと思うので、おすすめです。

というわけで、私も今回ドライブレコーダーを搭載してみることにしました。
また後日、紹介しますね。






交通事故が起きたら!

 

自動車保険の種類

 

物損事故の損害賠償!

 

人身事故の損害賠償!通院、入院、手術などの治療費、休業保障?

 

交通事故の治療終了?!症状固定/後遺症(後遺障害)

 

交通事故の慰謝料は、何で決まる?

 

死亡事故の場合

 

交通事故の慰謝料に納得出来ない時に、私たちができること

 

私の交通事故体験談より

 

FX取引